低額の治療も助成金もあるので、まずチェック!

不妊治療は高額で、自分たちは到底無理、と最初から決めてかかっている人が多いです。

 

しかし、健康保険の効く治療もあり、それだけで子宝に恵まれる夫婦もたくさんいます。

 

また、体外受精以上の診療は確かに高額ですが、地方自治体から援助が得られることもあります。

 

何もしないうちからあきらめずに、まずは調べてみましょう。

 

医師に相談したり、地方自治体の窓口に行ったり、ホームページを調べたりしてみましょう。

 

健康保険が適用される診療

下記の療法は保険が適用される、いわゆる保険診療です。

 

患者が払うのは費用の3割で、残りの7割は健康保険が負担します。

 

ただし、毎月の健康保険料をきちんと支払って資格があることが条件です。

  • タイミング療法
  • クロミッド療法
  • HMG−HCG療法

 

保険適用外の診療

人工授精以上のレベルの施術は、費用の全額が自己負担となります。

 

いわゆる自由診療です。

 

下表はおおざっぱな相場ですが、医療機関によってさらに料金の幅があります。

 

人工授精 1回 1〜3万円程度
体外受精 1回 20〜40万円程度
顕微授精 1回 30〜50万円程度
海外での卵子提供 350〜500万円
代理母出産 1000万円以上

 

もうけ主義の医者に注意

検査の結果、特に大きな問題も見つからなかった。

 

母親の年齢も比較的若くまだまだチャンスがある。

 

それなのに早いうちから体外受精以上のことを勧めてくる医者がいます。

 

これは警戒しましょう。

 

地方自治体の助成制度

地方自治体によって内容は変わりますが、利用すれば負担はぐっと軽くなります。

 

保健所や市役所に問い合わせてみましょう。

 

【京都府の例】

一般不妊治療への助成 排卵治療や人工授精が対象。1年度の診療につき、上限10万円。(ただし、保険適用となる治療分のみ申請の場合は6万円)
特定不妊治療への助成 体外受精、顕微授精が対象。治療1回につき、上限15万円。回数制限あり。夫婦の合計年収が730万円以下という年収制限もあり。